なんじゃくにっき2

ほげほげ。プログラミングの話題中心。ほか資格とか。

Rust 構文

Rust 構文

0.12時点のもの

関数

・関数はfnで定義する。 ・関数名の後ろの『{』から『}』までが関数の本体。 ・C言語などと同じく実行時はmain関数から実行される。

fn main() {
  println!("hello?");
}

・関数名の後ろの()はArity(引数の個数)が0でも省略できない。

// これはエラー
fn main {
  println!("hello?");
}

・各行はセミコロン『;』で終わるが関数の最後の行はセミコロンを省略できる。

// 最後のセミコロンは省略できる
fn main() {
  println!("hello?")  
}

コメント

// 単行コメント

/*
 複数行コメント
*/
fn main() {
  println!("hello?") ;
}

文字コード

fn main() {
  println!("☃")
}

UTF-8使える

・単行コメントは//

複数行コメントは 『/』から『/』の間。